2008年01月01日

目次

か やぶ き 屋根 リフォーム(和の心!)

デザイン リフォーム 分譲 マンション(緑!)

リフォーム 内装(壁!)

リフォーム 内装 壁紙 クロス(部屋の中心であるリビングA)

リフォーム 内装 設計(部屋の中心であるリビング@)

リフォーム 内装 壁紙(部屋の大半を占める色!)

住宅 リフォーム デザイン(白と茶色の配分!)

室内 リフォーム diy(白!)

住宅 リフォーム 内装(都会的な部屋!)

内装 リフォーム(天井!)

木 家 リフォーム(定番スタイル!)

和室 フローリング リフォーム(茶色!)

部屋 自分 リフォーム(暖かい色!)

キッチン タイル リフォーム(赤色!)

diy インテリア リフォーム(青!)

リフォーム 玄関(人を迎える玄関!)

リフォーム マンション(神秘な紫!)

リフォーム キッチン メーカー(真っ白はキッチンには不向き?)

マンション 床 リフォーム(床!)

南欧 リフォーム 横浜(女性の憧れ!)

内装 工事 リフォーム(柔らかいピンク!)

内装 リフォーム 専門店(子供部屋は別!)

中古 マンション おしゃれ リフォーム(光の違い!)

中古 住宅 玄関 リフォーム(玄関の色!)

中古 マンション デザイン リフォーム 済み(欠かせない黒!)

住宅 内装 リフォーム(活躍のグレー!)

遊ぶ リフォーム 神戸(開放的な空間!)

壁 リフォーム diy(絵画!)

キッチン リフォーム 施工 例(会話の弾むダイニング!)

デザイナーズ マンション リフォーム(印象づける!)

マンション リフォーム 内装(プライベートの寝室!)

リフォーム 札幌 カーペット(ぶなんなカーテン!)

風呂 リフォーム メーカー(バスルームは落ち着ける空間に!)

トイレ リフォーム 方法(トイレの居心地!)

マンション リフォーム(ソファーの選び方!)

チラシ デザイン リフォーム(シンプル!)

リフォーム diy リビング(グラデーション!)

キッチン リフォーム 例(キッチンは食材を優先する!)

キッチン 収納 リフォーム(キッチンの色も様々!)

カントリー 風 外壁 リフォーム(カントリーの人気!)

お洒落 家 リフォーム 大阪(カーテンも様々!)

キッチン リフォーム(お皿の色!)

リビング リフォーム diy(オレンジ!)

リフォーム diy(オリエンタルなイメージ!)

マンション 内装 リフォーム(50、60年代!)


posted by kuru at 14:28| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

か やぶ き 屋根 リフォーム(和の心!)

独特な和のスタイルに魅了されている人も多くいます。

 

日本人に産まれ、なじみ深い部屋が大変癒しの空間と

 

なるのです。

 

都会の生活に息苦しく感じたり、落ち着かない人には

 

ぴったりの部屋でしょう。

 

和を基調とされた部屋には、自然素材が多く使われており

 

年数とともに、深い味わいも楽しめます。







太陽光発電一括見積もりエコ奉行
posted by kuru at 12:59| Comment(8) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デザイン リフォーム 分譲 マンション(緑!)

緑色は心が落ち着く色です。

 

植物や木々のイメージが強く、安らげる色です。

 

緑はどんな色にも合いやすく調和できる色と言えるでしょう。

 

しかし、どの色にも合うと配分を間違えると緑色が生かされません。

 

また、緑でも濃い緑色は暗い感じになってしまいますので

部屋全体が暗く沈んだ感じにならない様、気をつけましょう。

リフォーム大阪 自然素材の家







posted by kuru at 12:58| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム 内装(壁!)

壁の色も天井と同じです。

 

薄い色の方が開放感があり、広く見せる効果があります。

 

家具などをアクセントとし、目立たせたいのなら

 

壁は薄い色が一番引き立ててくれます。

 

壁が濃い色ならば、部屋全体に圧迫感を感じ、狭く感じます。

posted by kuru at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム 内装 壁紙 クロス(部屋の中心であるリビングA)

団らんを一番に考えるなら、暖色やナチュラル色をお勧めします。

 

暖色は親しみやすく、心が落ち着く事が多くリラックスします。

 

また、自然色は人がなじみやすく癒される効果があります。

 

ゆっくりとくつろげるスペースでなければ、誰もよっては

 

こなくなるでしょう。

 

リビングの配色一つで変わる事もあるので注意が必要です。

リフォーム大阪







posted by kuru at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。